カメラ

キヤノン「EOS RP」予備バッテリーの必要性と、おすすめのLP-E17互換バッテリーについてお答えします。

はじめに

EOS RP 03 - キヤノン「EOS RP」予備バッテリーの必要性と、おすすめのLP-E17互換バッテリーについてお答えします。

こちらは、私が発売日に購入した、新機種の「EOS RP」に採用された小型バッテリー「LP-E17」について、容量不足を心配される方の疑問にお答えする記事となっています。

同じバッテリーを使用する、キヤノンのエントリークラスの「EOS Kissシリーズ」や「EOS Mシリーズ」などを、購入検討されている方にも参考になる情報かと思います。

キヤノン「EOS RP」は、同社の初心者向け一眼レフカメラ「EOS Kiss X9i」の重さ約532gよりも軽い、約485gのボディを実現した、いま話題のフルサイズミラーレスカメラのエントリーモデルです。

その軽量で小型なボディ故に、採用されたバッテリーは、残念ながら上位機とは互換性のない小型タイプです。

小型のバッテリーゆえに、撮影可能枚数が一眼レフ機と比較して、大幅に減少したことが気がかりです。

私が発売日に購入した「EOS RP」を、実際に半年間使用した感想も交えながら、ユーザー目線でお答えしたいと思います。

【疑問1】予備バッテリーは必要?いくつ必要?
【疑問2】互換バッテリーでも問題はないの?

結論としては、本格的に撮影するなら予備バッテリーは必須です。

また互換バッテリーでも、半年間問題なく使用出来ていますので、どんな互換バッテリーを選べば良いのかも、お話しさせていただきます。

総合的にコスパの高い互換バッテリーを選択するのはアリ

「EOS RP」のバッテリーについて

小型軽量ボディのフルサイズミラーレス「EOS RP」のバッテリーには、上位機用の大容量で定評のある「LP-E6N」ではなく、エントリーモデル用の小型の「LP-E17」が採用されています。

キヤノン CANON バッテリーパック LP-E17[LPE17]

小型バッテリーの採用により、ボディの大きさを抑えて、本体の小型軽量化には寄与しているのでしょうが、バッテリー容量的にも、かなり持ちが悪いのは、実際問題として困ってしまいます。

製品 仕様 対応機種
LP-E6N 充電式リチウムイオン電池
電圧:DC7.2V
容量:1865mAh
寸法:38.4X21.0X56.8mm
重さ:約80g
定価:8,500円(税別)
EOS 5Ds R/EOS 5Ds/EOS 5D Mark IV/EOS 5D Mark III/EOS 5D Mark II/
EOS 6D Mark II/EOS 6D/EOS 7D Mark II/EOS 7D/
EOS 90D/EOS 80D/EOS 70D/EOS 60D/EOS 60Da/
EOS R
LP-E17 充電式リチウムイオン電池
電圧:DC7.2V
容量:1040mAh
寸法:33.0X14.0X49.4mm
重さ:約45g
定価:6,000円(税別)
EOS 9000D/EOS 8000D/EOS Kiss X9i/EOS Kiss X8i/EOS Kiss X10/EOS Kiss X9
EOS RP/EOS M6 Mark II/EOS M6/EOS M5/EOS M3

   

 予備バッテリーは必要なのか?数量は?

8fc5eb71b8bcac1cd0832ce6d99b1334 - キヤノン「EOS RP」予備バッテリーの必要性と、おすすめのLP-E17互換バッテリーについてお答えします。

撮影可能枚数を、エントリークラスの一眼レフ「EOS 6D MarkⅡ」と上位機のミラーレス「EOS R」と比較してみると、次にような違いがあります。

ご覧のように「EOS RP」の撮影可能枚数は、小型のバッテリーパックを採用したことから、約240枚と言う非常に心許ない枚数なのです。

機種 バッテリー 撮影可能枚数
EOS 6D MarkⅡ LP-E6N ファインダー撮影:
常温(+23℃)約1200枚
低温(0℃)約1100枚
ライブビュー撮影:
常温(+23℃)約380枚
低温(0℃)約340枚
EOS R LP-E6N 常温(+23℃)約370枚
低温(0℃)約350枚
EOS RP LP-E17 常温(+23℃)約250枚
低温(0℃)約240枚

これが星空の撮影ともなると、さらにバッテリーの消費は激しくなるため、200枚以下の枚数しか、夜間は撮影出来ない事態になってしまいます。

そうなると、私の登山スタイルである、1泊2日の登山で星空撮影も想定した場合、予備バッテリーは「プラス4個」用意するのが、安心ラインであると試算しました。

例えば日中のスナップ撮影がメインとなる、1泊2日の旅行を想定した場合は、予備バッテリーは2個用意するのが安心ラインかなと思います。

ここは使い方にもよりますが、1日で200枚くらい撮影する方ならば、予備バッテリーは日数分の用意が必要でしょう。

せっかくの楽しい旅行の記録も、バッテリーの残量を気にしていたら、シャッターチャンスを逃すだけなので、予備バッテリーは出来るだけ用意することを、強くおすすめします。

ちなみに、バッテリー容量ではなく重さに着眼してみると、小型バッテリー2個で上位機のバッテリー1個分の重さに相当するので、小型バッテリー2個で約480枚の撮影が可能な計算になります。

そう考えると「EOS R」より撮影可能枚数が増えたことになるので、それも小型バッテリーを採用した、メリットなのかも知れませんね。

1日に200枚以上も撮影するカメラ好きでなければ、予備バッテリーは1日1個の計算で用意すれば大丈夫でしょう。

撮影可能枚数の少なさは、予備バッテリーでカバーしましょう。
予備バッテリーの用意は、撮影日数分の個数が目安です。

互換バッテリーでも問題はないのか?

937102aaf6674e5cc37676a0a5c3c7d0 - キヤノン「EOS RP」予備バッテリーの必要性と、おすすめのLP-E17互換バッテリーについてお答えします。

予備バッテリーは、もちろん用意した方が良いのは分かっていても、いざ購入すると値段が気になりますよね?

当然、予備バッテリーにも、おすすめは純正品です!

それは、ごもっとも(笑)

しかしですね。

純正バッテリーが、安心なのは確かですが、やっぱり高いです。

純正のLP-E17は、バッテリー1個だけなのに、定価6,000円(税別)で、実売価格も5,500円程度と安くありません。

これに対して互換バッテリーは、「バッテリー✖2個」と「USB充電器」のセットで、販売されているものが一番おすすめで、お値段もなんと2,300円程度と、純正品の半額以下です。

いやいや。これセット内容を考えたらですね、、、

めちゃくちゃお得じゃないですか?

そう思いませんか??

どうですか???

すいません。ちょっと熱くなりました(笑)

出来れば性能的に問題なければ、出来るだけ安く済ませたいのが、みなさん本音でしょう。

そんな私は、「EOS RP」購入当初から、互換バッテリーを迷わず使用しています。

それは何故かと言うと、これまでのカメラでも既に使用実績があり、長年使ってみてトラブルもなかったので、それほど心配していないのが本音です。

結論としては、私は互換バッテリーを1年以上使用しましたが、「バッテリー残量を正しく表示しない」ことを除けば、特に問題なく使えています。

撮影可能枚数も、純正バッテリーと比べて、遜色ありません。

2個同時に充電可能な、USB充電器のセットがベストです。

  

互換バッテリーの残量表示

互換バッテリーでは、バッテリー残量を正しく表示しない現象があり、モニター内のバッテリー残量が撮影中も減ることなく、バッテリー残量が無くなると、突然、カメラの電源が落ちてしまうことがあります。

これは互換バッテリーのエンプティを認識せず、バッテリー残量は残っているかのように、モニターには残量表示しているため、突然、電源が落ちたように錯覚してしまいます。

電源を入れなおしても、「レンズを認識しません」のようなエラー表示まで出てしまうので、故障と勘違いしてしまうのです。

しかし故障ではなく、バッテリー交換すれば、普通に撮影が可能です。

これ、私も初めて経験した時は、新品のカメラが壊れたかと思い、とても焦ったのですが、事前に知っていれば問題ないことでした。

互換バッテリーの予備は、必ず常時携行してください。

USB充電器のメリット

互換バッテリーも色々ありますが、バッテリー2個とUSB充電器がセットになっていて、2個同時に充電可能なUSB充電器のタイプが一番おすすめです。

純正の充電器は、コンセント直付けタイプのため、コンセントがないと充電できませんが、USB充電器であれば、モバイルバッテリーからの充電も可能なので、屋外での撮影中にも充電出来たり、純正品よりも利便性が高いのです。

私の場合は人よりも撮影枚数が多いので、クルマでの移動中にも、USB充電器で充電できるのが、非常に助かっています。

このメリットは、非常にポイント高いので、外せないところです。

屋外でもモバイルバッテリーで充電できるのは安心。

   

また、キヤノン純正の充電器(LC-E17)では、互換バッテリーは充電出来ませんでしたが、逆に互換バッテリーに付属のUSB充電器では、純正バッテリー(LP-E17)も充電が出来ました。

そのため、USB充電器ひとつあれば、すべて事足りるのです。

互換バッテリーに付属のUSB充電器の方が便利なので、私は常にUSB充電器とモバイルバッテリーを携行して、充電の不安から解消されました。

なお、コンセントから充電するには、USB充電器用の「ACアダプター」が、別途必要となりますので、ご注意ください。

   

まとめ

先ほども、「私は常にUSB充電器とモバイルバッテリーを携行して、充電の不安から解消されました」と、お話ししました。

互換バッテリーをオススメする理由は、価格の安さだけではなく、USB充電器とモバイルバッテリーによる、アウトドアでの安心感と利便性の向上が、一番のポイントだと感じています。

そもそもバッテリーは、消耗品と捉えていますので、互換バッテリーであれば、価格的にも割り切って、充電性能の劣化を感じたら、早めに買い替えるくらいの、気の持ちようで使えば、充分だと思います。

USB充電器とモバイルバッテリーの組み合わせは、みなさんに強くおすすめしたい、最強の組み合わせですのでご参考までに。

おすすめ互換バッテリー

これまで互換バッテリーは長年利用していますが、特にトラブルも経験していませんので、純正ブランドを気にしなければ、賢い選択だと思いますよ。

ではまた。

EOS RP 02 320x180 - キヤノン「EOS RP」予備バッテリーの必要性と、おすすめのLP-E17互換バッテリーについてお答えします。
キヤノン「EOS RP」はカメラ女子や山ガールの登山にもおすすめのカメラか?半年間使用した感想をお答えします。はじめに 2019年3月14日に発売された、話題の小型軽量フルサイズミラーレスカメラ「EOS RP」について、山ガールが登山に...
EOS RP 03 320x180 - キヤノン「EOS RP」予備バッテリーの必要性と、おすすめのLP-E17互換バッテリーについてお答えします。
キヤノン「EOS RP」小指あまりの実態と「エクステンショングリップ」の必要性についてお答えします。はじめに キヤノン「EOS RP」は、同社の初心者向け一眼レフカメラ「EOS Kiss X9i」の重さ約532gよりも軽い、約...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です