カメラ

キヤノン「EOS RP」小指あまりの実態と「エクステンショングリップ」の必要性についてお答えします。

はじめに

EOS RP 02 - キヤノン「EOS RP」小指あまりの実態と「エクステンショングリップ」の必要性についてお答えします。

キヤノン「EOS RP」は、同社の初心者向け一眼レフカメラ「EOS Kiss X9i」の重さ約532gよりも軽い、約485gのボディを実現した、いま話題のフルサイズミラーレスカメラのエントリーモデルです。

その軽量で小型なボディ故に、グリップから小指がはみ出してしまう、「小指あまり」の問題があることを、ご存じでしょうか?

私が発売日に購入した「EOS RP」を、実際に半年間使用した感想も交えながら、以下の疑問について、お答えしたいと思います。

【疑問1】「EOS RP」の小指あまりの実態
【疑問2】エクステンショングリップの必要性について

結論としては、必ずしも小指あまりが発生する訳ではありません。

実際に使用して、どうしても小指の収まりが気になる場合は、エクステンショングリップを購入して、解消されることをオススメします。

詳細については、順番にお話しさせていただきます。

ボディの小型化による小指あまりの実態

ボディの小型軽量化は、時としてデメリットも生み出します。

ソニーのα7シリーズでも、良く話題に出るのが「小指あまり」問題です。

ソニーαシリーズの小指あまり

これはカメラのグリップを握った時に、ボディの小型化によりグリップの高さも短くなったために、小指がグリップからはみ出して、しっかり握れないと言われる事象です。

ネットで検索すると良く分かりますが、ソニーのαシリーズに関する「小指あまり」の解消方法について、たくさんの記事を見つけることが出来ます。

それだけ、ソニーユーザーの方は、気にしている証拠だと思います。

ソニーでは、小指あまりを解消する、純正アクセサリが用意されていないため、みなさん社外品で代用されているようです。

ソニーは純正アクセサリなし、社外品で対応。

「EOS RP」の小指あまり

一方、キヤノンの「EOS RP」については、グリップの高さを補うために、発売当初から純正アクセサリが用意されているため、ネットで検索してもほとんど記事を見かけることはありません。

しかし、これから「EOS RP」の購入を検討される方は、純正アクセサリを購入した方が良いのか、やはり気になるところでしょう。

では実際、私が所有するAPS-Cカメラと比較した場合、どれほどグリップのサイズが違うのか、実測して比較してみました。

もちろん、APS-Cカメラでは、小指あまりを気にしたことはありません。

測った場所 Nikon D7200 CANON EOS RP
グリップの高さ
中指から小指で握る部分
約59mm 約58mm
グリップの厚み
(背面からグリップの先端)
約64mm 約55mm

グリップの高さは、問題視されるほどのサイズ差は無く、実際に私が握っても、小指があまる(はみ出す)ことはありませんでした。

実際にご自分の手の中指から小指までの指3本の幅を、一番広い付け根の位置で測って、上記の表の「グリップの高さ」と比べてみてください。

私の場合は、中指から小指までの指3本の幅は約55mmほどで、グリップに収まるサイズでしたので、問題はないと考えています。

ちなみに、私は身長175cmの成人男性です。

手の指がすらっとしているとは言われますが、決して手が小さいとは言われませんので、標準的な手の大きさだと思います。

成人男性でも、必ずしも小指あまりが発生する訳ではない。

エクステンショングリップの必要性

「EOS RP」では、カメラの底部に後付けで、高さ不足を補う「エクステンショングリップ」が、純正アクセサリとして用意されていることから、この問題の解決は容易です。

ただ装着すると、せっかくの小型ボディが、大きくなってしまい、バランス的に好き嫌いが分かれるところだと思います。

デザインは、カラーバリエーションも選べるため、自分好みのボディにアレンジすることも可能なので、見た目のデザインは悪くないと思います。

q? encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B07NPWPJ2K&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format= SL250 &tag=kuriharazero 22 - キヤノン「EOS RP」小指あまりの実態と「エクステンショングリップ」の必要性についてお答えします。ir?t=kuriharazero 22&l=am2&o=9&a=B07NPWPJ2K - キヤノン「EOS RP」小指あまりの実態と「エクステンショングリップ」の必要性についてお答えします。
エクステンショングリップ EG-E1(RE)ir?t=kuriharazero 22&l=am2&o=9&a=B07NPWPJ2K - キヤノン「EOS RP」小指あまりの実態と「エクステンショングリップ」の必要性についてお答えします。

実は予約時に心配して「エクステンショングリップ」も入手手配してしまいましたが、結局、私の場合は「小指あまり」もなく必要無かったので、未使用のまま箱に戻して封印してあります(笑)

小指あまりの要因は、恐らくグリップの厚みが薄くなったことで、グリップの握り方の変化に起因している気がしています。

スリムなグリップをしっかり握るためには、強く握るとグリップを握る指が多少斜めぎみになり、小指の先端がはみ出しやすく、それを気にする人が多いのかなと推測しています。

どちらにせよ男性特有の事象だと思われるので、女性の方は気にする必要はないと思います。

標準のまま使用してから、必要か判断した方が良い。

まとめ

ヨドバシカメラの店頭で、実際にソニーα7Ⅲの実機を触りましたが、やはりみなさんが言うように、小指あまりが明確に気になりました。

それに対してキヤノン「EOS RP」については、半年間使用して来ましたが、小指あまりを気にしたことがありません。

その違いは、恐らくボディのデザインとグリップの形状に、その原因があるのではないかと考えています。

個人的に、ソニーα7Ⅲは直線基調でデザインされたボディで、どうも私の手にはしっくり馴染まなくて、ボディから小指がはみ出してしまうのです。

しかし、キヤノン「EOS RP」は、中指が上手くひっかかるように、グリップの形状が手に馴染んで、小指がちゃんと収まるのです。

この辺りは、良く考えられた、使いやすいデザインが、キヤノンならではの優等生と言うか、秀逸なモノ作りの現れだと感じます。

なんにせよ、しばらく実機を触って、良く試してみてから、「エクステンショングリップ」が必要か、後から考えれば良いと思います。

最初から、純正アクセサリを購入する必要は無いでしょう。

ではまた。

EOS RP 02 320x180 - キヤノン「EOS RP」小指あまりの実態と「エクステンショングリップ」の必要性についてお答えします。
キヤノン「EOS RP」はカメラ女子や山ガールの登山にもおすすめのカメラか?半年間使用した感想をお答えします。はじめに 2019年3月14日に発売された、話題の小型軽量フルサイズミラーレスカメラ「EOS RP」について、山ガールが登山に...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です