雑記

【VISAカードWEBサービスご登録確認】VISAカードをかたる詐欺メールに注意!個人情報の入力は絶対ダメ!

5329841f92d95e60a3dd0ab07f9064da - 【VISAカードWEBサービスご登録確認】VISAカードをかたる詐欺メールに注意!個人情報の入力は絶対ダメ!

はじめに

VISAカードをかたる巧妙な詐欺メールが、大量に配信されています。

ある日突然届く、不安を煽るメールに慌てて、詐欺メールに騙されないように、注意喚起も兼ねてブログに残しておこうと思います。

これを見た方々が詐欺に合わないよう、未然に役立ってくれたら幸いです。

VISAカードから不審なメールが届いた

先日の三井住友銀行をかたるフィッシングメールに引き続き、今度はVISAカードからも不審なメールが届きました。

これまでの経験があったので、先ずはメールの文章をよく観察して、すぐにネットで同様の情報がないか検索しました。

結果、すぐに詐欺メールと判断出来たので、何も被害はありませんでした。

詐欺メールの特徴と見分け方などについて、お話ししたいと思います。

VISAカードをかたる詐欺メールの特徴

詐欺メールの見本(2020年01月06日更新)

実際に届いたメールの内容は、以下の通りです。

パッと見ただけでも怪しいメールですが、安易に騙されないためにも詐欺の疑いをもって、すぐにネットで検索してみました。

結果、ネット上に類似の情報があり、すぐに詐欺メールと判断出来たので、何も被害はありませんでした。

VISAカードをかたる詐欺メール その1

【件名】【重要:必ずお読みください】

VISAカードWEBサービスご登録確認

いつも VISAカードWEBサービスをご利用いただき、ありがとうございます。

この度、VISAカードWEBサービスに対し、第三者によるアクセスを確認いたしました。

万全を期すため、本日、お客様のご登録IDを以下のとおり暫定的に変更させていただきました。

お客様にはご迷惑、ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。

何卒ご理解いただきたくお願い申しあげます。

http://www.visa-card-co-jp.ltd/inet/life/ninsyou/entry/top

上記VISAカードWEBサービスIDは弊社にて自動採番しているものですので、

弊社は、インターネット上の不正行為の防止・抑制の観点からサイトとしての信頼性・正当性を高めるため、

大変お手数ではございますが、下記URLからログインいただき、

任意のIDへの再変更をお願いいたします。

なお、新たなID?パスワードは、セキュリティの観点より「8桁」のご登録を強くおすすめいたします。

http://www.visa-card-co-jp.ltd/inet/life/ninsyou/entry/top

*他のサイトでも同じIDをご利用の場合には、念のため異なるIDへの変更をおすすめいたします。

—————————————————————————–

*誠に勝手ながら本メールは発信専用アドレスより配信しております。

本メールにご返信いただきましても、お答えすることができませんのでご了承ください。

—————————————————————————–

<VISAカード>

受付時間 9:00〜19:00(土日・祝日・銀行休業日を除きます)

詐欺メールの手口

詐欺メールの手口としては、以下の内容が確認されています。

この度、VISAカードWEBサービスに対し、第三者によるアクセスを確認いたしました。
万全を期すため、本日、お客様のご登録IDを以下のとおり暫定的に変更させていただきました。
などと、不安を煽る。

弊社は、インターネット上の不正行為の防止・抑制の観点からサイトとしての信頼性・正当性を高めるため、大変お手数ではございますが、下記URLからログインいただき、任意のIDへの再変更をお願いいたします。
などと、偽サイトに誘導する。

この手の詐欺メールは、誤字や日本語が不自然な個所が多いので、これらの特徴も踏まえて、詐欺メールかどうかを確認してください。

VISAカードをかたる詐欺メールの見分け方

詐欺メールの件名一覧(2020年01月06日更新)

メールの件名が以下の一覧に該当していたら、先ずはネットで検索してみましょう。

同様の詐欺メールが拡散されていれば、きっと情報がヒットします。

以下のメールの件名には注意する

<詐欺メールの件名一例>
・ 【重要:必ずお読みください】

2020年01月06日現在

送信元のメールアドレスの確認(2020年01月06日更新)

送信元のメールアドレスを確認すると、本物とは異なるドメインから送信されて来ていましたので、ここは必ずチェックしましょう。

発信元のメールアドレスを確認すること

<受信したアドレスの一例>
VISAカード(t.sato86@song.ocn.ne.jp)

2020年01月06日現在

リンクボタンのURLの確認(2020年01月06日更新)

メール内のリンクボタンのURLを確認すると、本物とは関係ないドメインへのリンクであることが分かります。

またサイト内のリンクがすべて同じURLなので、落ち着いて冷静に見ていただければ、間違いなく偽サイトであることが分かります。

リンクボタンのURLを確認すること

<リンクボタンのURLの例>
http://www.visa-card-co-jp.ltd/inet/life/ninsyou/entry/top

2020年01月06日現在


bgt?aid=191024693689&wid=001&eno=01&mid=s00000020363001004000&mc=1 - 【VISAカードWEBサービスご登録確認】VISAカードをかたる詐欺メールに注意!個人情報の入力は絶対ダメ!

まとめ

最近の詐欺メールは、どんどん巧妙化されていますので、パッと見ただけでは見分けが付かない場合もあることを、ぜひ覚えておいてください。

自分は絶対に騙されないと思っていても、状況によってはうっかり騙される可能性は、誰もが「ゼロ」では無いことを認識しましょう。

大事なことは、メールに不審な点がないか、常に確認する習慣です。

もし、メールの内容から不安になって、念のためアカウント情報などを確認したいと思った場合でも、必ず公式サイトから正規の手順でログインしてください。

絶対にメール内のリンクをクリックしてはダメ!

ここに記載した内容に当てはまる詐欺メールは、メール内のリンクは絶対にクリックせず、速やかに受信トレイからメールを削除しましょう。

メール内のリンクをクリックすることで、受信したメールアドレスが有効であることを詐欺メールを送信した相手に教えることになり、今後もフィッシング詐欺のターゲットになってしまうので、ご注意ください。

万が一に気付かず、詐欺被害に遭わないためにも、事前に備えることが一番重要な対策手段です。

もし詐欺サイトに誘導されてしまった場合に備えて、やはり安心を得たいならば「100%+αの信頼「G DATA インターネットセキュリティ」」で、いますぐフィッシング詐欺対策を講じておくことを強くおすすめします。

ではまた。

【イチオシ】有害サイトアクセス 対策
不適切な内容を含むサイトへのアクセス制限や、インターネットやパソコン利用時間をユーザー単位で管理。またWeb 上の危険なサイトへのアクセスをブロックし、メールに含まれる疑わしいリンクなども受信時にスキャンチェックし、フィッシング詐欺サイトも対策

こちらをクリック

bgt?aid=191211464231&wid=001&eno=01&mid=s00000013109003002000&mc=1 - 【VISAカードWEBサービスご登録確認】VISAカードをかたる詐欺メールに注意!個人情報の入力は絶対ダメ!

4c9ad6b951fb5debc19f2bf0d78a86fc 320x180 - 【VISAカードWEBサービスご登録確認】VISAカードをかたる詐欺メールに注意!個人情報の入力は絶対ダメ!
【危険】ボーナス前は詐欺が活発な季節!フィッシングメールの巧妙な手口を知ろう はじめに 最近、またフィッシング詐欺のメールが大量に配信されていますね。 毎年、ボーナス前や年末近くになると詐欺の活動も活発...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です